2005年09月12日

新しい桐下駄

松本は外出する時、作品展会場にいる時のいでたちは、保多織の作務衣と下駄…という組み合せ。保多織は香川県高松市の織物です。
下駄は間に合わせだったのですが、最近、工房の近くの善通寺市内にとてもよい古いお店を見つけ、すっかりファンになってしまいました。
先日はふだん履きの下駄を買い、そして今日はお出かけ用の桐下駄を仕立ててもらいました。

この“車屋”というお店は、善通寺市内の赤門筋にあり、いろんな種類の下駄があって見てて飽きません。鼻緒も選べるようになっていて様々な色、柄、生地の鼻緒が並ぶ様は、まるで着物の帯を探す感覚です。
912_geta_3.jpg
今日はポップなししゅうの入った鼻緒を選び(松本はこういうのが好きなのです)一枚板でで作ったきれいな会津桐の下駄と合わせました。

912-geta_1.jpg
鼻緒を取り付ける様子。下駄の後ろに好きな名前を刻印してくれます。

912-geta_2.jpg
刻印は明治に作られたもので、ずっとお店で使いつづけているそうです
posted by sawako miyazaki at 22:42| 日記

2005年09月07日

作品展、終了

京都高島屋での作品展、ぶじ終わりました。多くの方に楽しんでもらえたと思います。
季節上、今回も後半は台風と重なってしまい、残念です。
香川県に戻るとからっぽだった早明浦ダムの貯水率が、100%になってました!

96-mugi_1.jpg

96-mugi_2.jpg
ずっと、実家にあずけていたネコさんも戻ってきました。
“むぎ”は、留守中に残りの乳歯がすっかり抜け、抜けた歯のゆくえが分からなくなっていました… しまった。
しかも“むぎ”は、大人の歯になったせいか、いちだんと成長。
お気に入りのカゴに入りますが、カゴがみしみしいってます。留守の間、ずっとさみしかたのか、私にへばりついて指に吸い付いて離れません… もうべとべと。

興味のある方は、6月26日の写真と比較してみて下さい…
posted by sawako miyazaki at 23:51| 日記

2005年08月31日

京都での作品展

秋の作品展シーズンのはじまりです。
準備などのばたばたで、ちょっと日記がお留守になってしまいます。(笑)

京都高島屋展での初日は、ぶじ始まりました。
京都では初めてのニュースの取材を頂き、しばらくカメラが入りました。(※追記/放送は、9月5日のお昼でした)
たくさんの人に、間近で観ていただきたいと思います!

8_31--takasimaya_2.jpg
posted by sawako miyazaki at 22:01| 日記

2005年08月25日

“むぎ”の抜けた歯。

永久歯の生え出した、子猫“むぎ”。
下あごの乳歯(犬歯)が数日前から、抜けて無くなり、へんな歯並びになっていました。
きょう、やっとその歯を発見!! とっても小さな歯でした。

そして今夜、もう片方の下の犬歯が抜けてるの発見! 乳歯が取れたあとは、すごい勢いで新しい歯が伸びていて、とても面白い。むぎを捕まえてはしょっちゅう口を開けさせて観察しています。(笑)
posted by sawako miyazaki at 22:01| 日記

2005年08月21日

今日の漆掻き

今月もずっと雨が無く、ダムの貯水も底を尽き、香川県の水状況はたいへん深刻になっています。
そんな中、やっと待望の雨が…!
朝からぱらぱらと雨があったのですが、今日だけは降って欲しくなかった。
今日は、東京の方が漆掻きを見に来られたのです。(T_T)

8_21.jpg
こんな天候でしたが、熱心に見ていただけて、ほっとしました。
少しでも雨があるとふだんは絶対傷を付けないのですが、漆の将来のためにこの木にはがまんしてもらいましょう。

今日来られた方は「雨男」予備軍になりそうです…。
このおかげで、ダムの貯水率が少しアップしました。ありがとうござます。(笑)
posted by sawako miyazaki at 22:15| うるし掻き

2005年08月17日

“むぎ”に歯が生えました。

8_17_mugi_2.jpg
今月末で、生後5ヵ月に突入する“むぎ”。
このように、男の子のシンボルも立派になってきました。(笑)

8_17-mugi_1.jpg
そして、きょう発見。永久歯が生えてきていたのです!
中央の米粒のように重なって生えているのが、下あごの犬歯の乳歯と永久歯です。
上あごの犬歯の前の歯ぐきも、永久歯が盛り上がって頭が出かけているの、分かりますか?


じょじょに大人らしくなっていく“むぎ”ですが、中身はあいかわらず…。
こうして今、キーボードを打ってる私のひざにでんと乗って、
指に吸い付いて(せめて、左手にして頂戴〜!)(^_^:) ゴロゴロ言いながらじゃましてくれています。
posted by sawako miyazaki at 22:15| 日記

2005年08月12日

四辺目のうるし掻き

8_12_1.jpg
2回目の樹液採取。作業中のうるしの木は2本です。

8_12_2.jpg
前回分と合わせて、これだけのうるしが採れました!
posted by sawako miyazaki at 21:00| うるし掻き

2005年08月07日

松本、三辺目のうるし掻き

今年、はじめて樹液を採取しました。
posted by sawako miyazaki at 21:00| うるし掻き

2005年08月04日

最近の“むぎ”

5月に我が家にやってきた子ネコ“むぎ”。
生後4ヵ月目になり、体重は3キロを越えました。だっこすると、そうとう重いです。 しかも熱い。(笑)
でも、人間の赤ちゃんもこのボリュームで生まれてくるんですよね…。

:

同居ネコのミルミルは日中パトロールに出かけ、最近お留守番の多い“むぎ”は、すぐ寂しくなります。
にぃーーーにーーと鳴きながら私のひざによじ登り、そして私の指をくわえて前足をモミモミします。
そうしながら、うっとりしながら居眠りするのです。(^_^:

8_4_mugi_2.jpg

そうなると必ず彼の大きなヨダレ溜まりができるので、私はすばやくティッシュを用意! 服が濡れないよう予防線を張ります。(笑)

それにしても、ネコってこんなにヨダレが出るんもんなんですねぇ。
posted by sawako miyazaki at 21:00| 日記

2005年08月01日

宮崎、二辺目のうるし掻き

72_ame_2.jpg
傷付け予定のマーキング


今、松本が北海道へ研修中なので、留守中のうるし掻きは私がすることになりました。
現場は高松市内の山名のですが、実は、ひとりで現場に行くのは、初めて…。(^_^;) 私自身、うるし掻きをするのもちょっと久しぶりです。 
正直、ちょっと緊張です。
先日、場所確認に松本と現場確認に行った時、帰りの山道にお財布みたいな柄のヘビさんと出会ったので、さらに緊迫感を増しました。(笑)

松本があらかじめ、傷つけの予定をチョークで記してくれていたので、作業自体は楽でした。

カンナを入れると、待っていたかのように、じわり、ときれいな樹液がにじみ出てきました、
松本が言っていた通り、意外と肉厚の“ジューシーな木”で、傷をつけてどばっと出るタイプではなく、じわじわと時間をかけてたくさん出るタイプの木のようです。

そうこうしているうちに、日が暮れてきたので(山の夕暮れは早いのです)、周囲に気をつけつつ、ちょっと急いで帰りました。
posted by sawako miyazaki at 22:29| うるし掻き